富山県で効率的にごみを処分する方法

日常生活でごみは必ず出るものです。

可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみなど皆さんが日常的に分別されているものに関しては説明しなくてもわかると思います。

今回は皆さんが分かりにくいと思う、粗大ごみに関してお話ししようと覆います。

富山県で粗大ごみを捨てる場合は、3通りの方法があります。

 

1つ目は手間は非常にかかりますが、費用の最も掛からない行政に粗大ごみの回収を依頼することです。

最大のメリットは、かかる費用が非常に安いことです。回収を依頼するものによって料金は異なりますが、ほとんどのものが1,000円以内で収まります。

ただし、デメリットもあり、指定の場所まで回収する粗大ごみを搬出しなければなりません。

また、依頼してからすぐに来てもらえるわけではないので、かなりの時間がかかります。

 

2つ目の方法は自分でクリーンセンターまで粗大ごみを持ち込むことです。

 

富山県では各地にクリーンセンターがあり、粗大ごみの受け入れを行っています。

クリーンセンターまで粗大ごみを持ち込めば、すぐにごみを処分してもらえます。

ただし、ごみは自分達で搬出、運搬しなければならないので、人手と運搬する車両が必要です。

トラックがあればいいですが、ない場合はレンタカーを借りなければならないので、費用が発生します。

また人手がいない場合では他の人に頼まなければならないので、そういった場合の手間や、渡す謝礼などで気を揉むケースもあります。

 

3つ目の方法は、富山県の不用品回収業者に依頼することです。

デメリットは上記2つの方法に比べ料金が高くなることが多いです。

行政の管轄ではないので、どうしても人件費や経費がかかってしまうのでしょう。

メリットとしては、早い業者は即日対応してくれる、搬出も不用品回収業者が行ってくれるので、手間が省ける、等メリットも多いです。

 

また、私の個人的な経験ですが、ごみと思って不用品回収業に依頼したら、逆に買取してもらって、料金が発生したどころか、お金をもらえた、なんてこともありました。

ゴミだと思っていたものがお金になったのでびっくりしましたね。

 

ここまで説明した3つのうち、正解はこれ!というものはありません。

皆さんの置かれている状況から一番良いものを見つけて、賢くごみを処分しましょう!

 

Please donate some money for this author's hard work